スーパーカマグラとバイアグラの違いは?

MENU

バイアグラとは?

こんにちは、スーパーカマグラーマンのりんたろーです。

 

スーパーカマグラとバイアグラの違いを説明する前にまずはバイアグラとは何ぞや?ってところからお話しします。

 

バイアグラとは、1998年にアメリカのファイザー社が開発した世界で初めてのED治療薬です。

 

バイアグラ

 

シルデナフィルを有効成分とし、世界120カ国以上で承認され、世界で約3500万人の男性が使用していると言われる世界一有名なED治療薬です。

 

日本国内では1999年に承認され病院での処方が可能になりました。

 

日本ではシルデナフィル50mgまでしか承認されていませんが海外では100mgのバイアグラが主流になっています。

 

まさにED治療薬の王様ですね。

 

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?

ファイザー社のバイアグラの成分特許が2014年5月13日に満了したことから、どこの製薬会社でもバイアグラと同じ成分、効果のジェネリック医薬品を製造販売できるようになりました。

 

ジェネリックとは先発品の特許期間が過ぎてから製造できる後発品と言われる医薬品のことです。

 

通常先発品を製造販売するのには開発費150〜200億円、研究期間10〜15年かかると言われていて、新薬開発には莫大な費用と時間がかかります。

 

しかしジェネリック医薬品はそれらの費用がかからないため先発品よりも40%〜80%ほど安い価格で販売できるようになります。

 

日本でも2014年に東和薬品株式会社が日本で最初のバイアグラジェネリックの「シルデナフィル OD錠 50mg」を発売しました。

 

スーパーカマグラはバイアグラのジェネリック

アジャンタ・ファーマ社

スーパーカマグラもバイアグラのジェネリック医薬品で、製薬大国インドのアジャンタ・ファーマ社(Ajanta Pharma Limited.)によって製造販売されています。

 

このアジャンタ・ファーマ社(Ajanta Pharma Limited.)はジェネリック医薬品にかけては世界トップクラスの技術を持っている企業でバイアグラの他にもさまざまなジェネリック医薬品を製造していてます。

 

代表的なのがバイアグラジェネリックの「カマグラゴールド」です。

 

カマグラゴールド

 

このカマグラゴールドは世界一有名なバイアグラのジェネリック医薬品です。

 

純粋にバイアグラと同じ効果でシルデナフィル100mg含有のジェネリック医薬品です。

 

「カマグラゴールド」のED(勃起不全)の効果にプラスして早漏改善の効果のあるダポキセチンを60mg含有しているのがスーパーカマグラとなります。

 

スーパーカマグラ

 

スーパーカマグラは基本的にバイアグラやカマグラと服用方法は同じで、違うとところは早漏防止の効果があるっていうことだけ。

 

副作用も同じで、食事の影響を受けやすい点などもバイアグラ、カマグラと共通しています。

 

早漏にも効果があるのならさぞお高いのかと思いきや値段もカマグラとほぼ変わらないくらいなのでEDと早漏を併発している人にとってはありがたいお薬になっています。